■1拍ごとに連続でリアルタイム解析により動的な自律神経評価が可能

データ長を最小限にし、データ加工の不要な周波数解析法(MemCalc法)を導入することにより、連続的にリアルタイムで結果が得られま す。結果、動的な自律神経評価が可能になります。(MemCalc法はリアルタイムに動的に解析するには最適なエンジンで、世界的論文に採用されていま す。)