top_post_darwin

心身の変化は自律神経の反射

心身の活動の変化は自律神経反射が行っています。自律神経は、交感神経・副交感神経からなり、瞬時瞬時心身をコントロールしています。交感神経は危険に対する「闘争か逃走か」の反応といわれており、身体の身を守る重要な働きをします。交感神経反射が過剰になったり、反射低下が起こると、全身状態、精神状態において、さまざまな不調をきたします。

自律神経反射異常になると、反射の異常が機能の異常となり、さらに気質の異常となり病気となります。

自律神経は反射をみることこそが重要です。

クロスウェル社は新しい解析手法により、自律神経反射を起立で標準化しました。

 

認知系機能意欲系機能情動・身体系機能の分析を実現

top_post_image
認知系機能についての記事はこちら
意欲系機能についての記事はこちら
情動・身体系機能についての記事はこちら

起立時の心拍変動から自律神経機能を評価きりつ名人はこちら