より安全・安心・快適な歯科治療にむけて・・・・モニタ十分に活用できていますか?

歯科治療では、チェアタイムの間に侵襲的な処置と休憩的な時とが 混在しています。生体は刻々とその状況に反応していますが、通常 は問題なく終了することが多いです。これは侵襲への生体反応が患者の予備力の中で収まっているからです。 しかし患者の予備力が小さい場合や、生体反応が異なる場合などは 予測できません。その患者のストレッサーと生体反応との関係を知るには、血圧や脈拍などをモニタすることです。
本セミナーでは、東京歯科大学 口腔健康科学講座教授 福田謙一先生による、チーム医療のための「脈拍と血圧から危険傾向を知る」日常診療で活用するモニタリング講座を開催します。Webでの討論、チャットなどによる質問をお受けするセミナーです。ぜひ多くの皆様にご参加いただけましたら幸いです。

こんな方におすすめ
・安全な歯科治療に取り組んでいる方
・スタッフの医療安全教育に関心のある方
・治療名人をもっと知りたいと思っている方

◆セミナー概要
【テーマ】チーム医療のための「脈拍と血圧から危険傾向を知る」日常診療で活用するモニタリング講座

【講師】福田謙一先生(東京歯科大学 口腔健康科学講座教授)
【対象】歯科医師・スタッフ
【開催方法】
  zoomによるオンラインによる講演・Q&A
【開催日時】
 動画配信  令和4年3月3日(木) 13:30~14:30
【特典】
 「治療名人」でみる救急対応シートプレゼント
【主催】 株式会社クロスウェル

お申込みはこちら