Archives for 製品情報

セミナービデオ:今だからこそ心拍変動解析応用Ⅲ(心拍変動による睡眠と睡眠障害の評価)

早野順一郎先生によるセミナー 「知らないと危ない心拍変動解析による自律神経機能評価の落とし穴」の応用Ⅲ 心拍変動による睡眠と睡眠呼吸障害の変化というテーマで、基礎編・応用編I, IIに引き続き、名古屋市立大学名誉教授・&
続きを読む
製品情報

応用Ⅰ:心拍変動の基礎学 心拍変動の発生機序と生理学的役割

Webでの討論、チャットによる質問にお答えする 1時間のオンラインセミナー講演内容は今すぐビデオでご覧いただけます 今だからこそ心拍変動解析セミナー「知らないと危ない心拍変動解析による自律神経機能評価の落とし穴」の応用編
続きを読む
症例で見るきりつ名人

起立時の健常・認知症例をパワースペクトルグラフでみると・・・

きりつ名人で測定した健常例・レビー小体型認知症例・アルツハイマー型認知症例のデータをパワースペクトルグラフ・研究用モードで表示してみると・・・。                                      
続きを読む

歯科治療時におけるアルコール依存症患者の自律神経解析 ―とくに起立性低血圧症について―

「第1回臨床自律神経機能Forum」抄録 ■井上 裕之1、5) 長谷 則子2) 井出 桃3) 松坂 利之4) 長谷 徹3) 宮城 敦5)  西村 康3) 柿木保明6) 1) 国立病院機構 久里浜医療センター 歯科  2)
続きを読む
きりつ名人

認知・意欲・情動機能系の異常を示唆・年齢基準比較を可能に ”きりつ名人”

「きりつ名人」で、体位ごとの心拍数の変化、血圧の変化、自律神経の変化から、交感神経のα作用、β作用、副交感神経のM作用の相互作用、拮抗作用を分解して解釈。
続きを読む
きりつ名人

認知症研究用画面を開発 アルツハイマー・レビー小体型認知症の特徴をわかりやすく

最近、心拍変動・起立負荷等を活用した認知症に関する海外論文・発表をよく目にするようになりました。 心拍拍変動解析により、自律神経の情報のほか、認知系機能、意欲系機能、情動・身体系機能の情報が得られます。 今回きりつ名人 
続きを読む